エレクトーンを弾いてみよう!~神戸市垂水区のエレクトーン教室より~

神戸市垂水区 山陽電車霞ヶ丘駅にほど近い場所にある、小さなエレクトーン教室のブログサイトです。

入院。

こんにちは。

 

神戸市垂水区のエレクトーン専門音楽教室

ふじもとおんがくきょうしつです音譜

 
 
Facebookのお友達には
 
少しだけ愚痴を聞いていただいていた内容ですが。
 
 
実は、
 
ワタクシが愛用しているUSB…。
 
 
その新しい方が、
 
突然
 
ウントもスんとも言わなくなりましたガーン
 
 
前日夜はいつも通りに使用していたUSBなのに、
 
数時間後の翌朝、
 
エレクトーンで読み込まなくなりました。
 
 
パソコンに挿してみても「フォーマットしてください」と
 
エレクトーンに挿したときと同じ返事。
 
 
エレクトーン関係者から、
 
話にはよく聞いていたのですが、
 
あの、データー破損事件
 
このワタクシにも襲い掛かってきたのでしたえーん
 
 
実に教室イベントの二日前。
 
 
復旧ソフトで
 
破損データーを吸い上げたり
 
いろいろ調べては試したのですが、
 
 
戻ってきたのは
 
自作のレジストデーターのいくつかと、
 
私が、グレード試験の練習で
 
初見演奏や、即興演奏を録音した
 
ヘタっクソな演奏のみチーンちーん。
 
 
やっぱりYAMAHAで購入したプロテクトデーターは
 
復旧は無理なのか。
 
 
いろいろ取り出せたデーターはあるにはあるのです。
 
 
「これがレジストデーターなんだろうな」と
 
見当はついているのですが、
 
数字とアルファベットと記号の羅列。
 
 
そこからどうしたらレジストデーターとして再生できるのか
 
調べてもよく分からない(涙)。
 
 
自分の無知を呪いました…えーん
 
 
 
買ってとりあえず入れていただけのデーターならまだしも、
 
01用のデーターを、
 
片っ端から02用に手直ししていった
 
汗と涙と時間の結晶たちのことを考えると
 
なんともやりきれない気持ちでいっぱいです。
 
 USB入院

いろいろ考えて、データーの専門家に相談した結果。

 

いったん検査入院させることにしました。

 

 

 

今頃は、東京のデーターの専門家に

 

検査をしてもらっているはずです。

 

 

 

でも、もし、直ると言われても、

 

治療費を出してやれるのか。

 

 

第一、

 

エレクトーンで、

 

今まで通り使用できる状態に戻るのか。

 

心配の種はつきません。

 

 

 

 

教室イベントで使用するデーターは

 

なんとか前日までに

 

作り直して、事なきを得ました。

 

 

 

レッスンで使用するデーターも、

 

別のレッスン用USBにいれているので無事です。

 

 

 

でも、

 

自分が弾きたいなと思って、

 

購入して手を入れてきた曲のデーターたちが

 

ほとんどなくなってしまいました。

 

 

 

ショックではありますが、

 

落ち込んでいるだけでは前に進まない。

 

 

 

気持ちのギアの切り替えは、

 

今回ばかりはちょっと重いですが(笑)、

 

負けるもんかーーー!

 

 

 

読者登録してね

 
「見ると聞くでは大違い」
ブログ上で紹介できることは
ほんの少しです。
 
 
エレクトーンを実際に
見て、聴いて、さわってみてくださいルンルン
 
↓こんな先生がレッスンさせていただきます!
 
レッスン見学、
体験レッスン(ひとり1回500円)
常時受付中です!
 
 
お友達同士2~3人で、
一緒に体験レッスンに
来ていただいてもかまいませんキラキラ
 
グループでレッスンをしたいなルンルンなど、
なんでもお気軽に
メッセージをくださいませウインク
 
 
火曜日だけは終日別の仕事があり、
応対ができません。
 
金曜日も直近の場合は難しいことが多いですが、
まずはお問い合わせくださいあせる
 
LINE@、もしくはフェイスブックページからですと、
私の携帯でメッセージの着信が確認できますので
早くお返事ができます(*^^*)。
お問い合わせはコチラ

LINE@「ふじもとおんがくきょうしつ」のトーク

 

フェイスブックページふじもとおんがくきょうしつからメッセージ送信

 

お問い合わせフォーム

 

メール yoshioyuibass44@hi-net.zaq.ne.jp

        コピペで送信先に貼り付けてください。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)