エレクトーンを弾いてみよう!~神戸市垂水区のエレクトーン教室より~

神戸市垂水区 山陽電車霞ヶ丘駅にほど近い場所にある、小さなエレクトーン教室のブログサイトです。

グレード試験

おとといの日曜日、うちの生徒さんがグレード9級の試験を受けて来られました。

グレード試験とは、正確には「エレクトーン演奏グレード」といい、
主に演奏の技術、演奏に必要な知識、音程を聞き取る能力を試験官の先生に判定してもらう、
テストみたいなものと言えばいいのでしょうか。

中身は、

*自分で選んだ一般的な楽曲2曲の演奏(自由曲演奏)、
*その場で楽譜を見て弾く初見演奏、
*課題のメロディ(その場で出題)に伴奏をつける伴奏付け、
*試験官の弾いたメロディーを真似して弾くメロディ聴奏、
*試験官の弾くコード(和音)伴奏を真似して弾くハーモニー聴奏

この5項目となります。

もちろんそれぞれの級によって、学習到達度が違います。

グレード試験を受けさせるのは初めてで、私がものすごく緊張しました。

前日とか当日にいろいろ声をかけたかったんですが、お母様の携帯にしつこく「がんばれがんばれ」言うのもちょっとアレかなあと思い、自重したのですが…。

苦手だった初見は上手くできたけど、曲で失敗しちゃった、ハーモニー聴奏でペダルを聴き逃し、オクターブ間違えて踏んじゃった等、彼女も初めての試験でとても緊張されたようです。

でも、トレーニングをすごく頑張ってる姿を見てきたので、合格させてあげたいなあ(T_T)。
試験官の先生!おねがいしますーー!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)